煮干し中華そば のじじ|初心者からニボラーまで濃度が選べるインターパークの煮干しラーメン店

ラーメン

ラーメン界でひとつのジャンルとなりつつある「煮干しラーメン
元々は青森のご当地ラーメンとして有名でした。
その強烈なうま味から、全国的に煮干しラーメンのお店が急増中です。
煮干しラーメンも様々で、上品な味のものからあえて苦みをだした超濃厚なスープのものまで様々です。
インターパークにある「煮干し中華そばのじじ」は宇都宮の煮干しラーメン店の草分けとして行列の絶えない人気店です。

のじじの場所は

のじじの場所

煮干し中華そばのじじは、インターパークのメイン道路沿いにあり、丸亀製麺と同じ敷地内です。

駐車場も丸亀製麺と共有していて、ランチ時は満車になるほど混雑しています。

住所:栃木県宇都宮市インターパーク1-5-1

のじじの店内は

のじじの店内

のじじで目を引くのは、看板や店内POPに書かれたギザギザ文字。

初代ファミコンと同じ8bit風のフォントです。

店主が被るキャップも「ゲームセンターあらし」でファミコン世代にはたまりません。

人気店の「のじじ」は連日行列が絶えません。

のじじでは、最初に券売機で食券を購入したあとに店外の行列並びます

店内はカウンター席のみです。

のじじのメニューは

のじじのメニュー

のじじはメニューも昔のゲームがモチーフになっています。

  • 煮干中華そばNOMAL(ノーマル)  720円

のじじ基本の味です。

  • 煮干中華そばEASY(イージー) 650円

煮干し出汁の苦手な方向けに煮干しの出汁が弱めになってます。

  • 煮干中華そば(ハード) HARD780円

煮干し・動物系スープともに濃厚

追加メニューは

  • 1UP(ワンナップ) 50円

半替え玉。通常のラーメンの半分の量の麺です

  • CONTINUE(コンティニュー) 200円

追い玉。まぜそば風なっていて、そのままで食べることができます。

トッピング

  • 煮卵 100円

半熟卵に和だしの旨味つけ

  • ご飯 100円

栃木県産米を使用しています。

  • 昔話ご飯 150円

大盛りご飯です。

  • ニボバタご飯 200円

のじじ特製の煮干しバターをのせたご飯です。そのままご飯とまぜて食べるほか、スープをかけて食べるのもオススメです。

水曜・土曜日の夜限定メニューで

  • 煮干し中華そばHARD 裏Ver. (ハードうらバージョン) 830円

ハードの二番出汁に追い煮干しをし、煮詰めた濃厚スープ。

煮干し苦みやえぐみまで堪能できます。

不定期メニュー(かしくキャラ)として

  • 煮干し中華そばEX -HARD(エクストラハード) 930円

動物系の素材は使わず煮干しだけで炊きだしたスープ

  • 煮干し中華そば手羽白湯Ver.(てばぱいたんバージョン) 900円

手羽先のみで炊き出した、濃厚な鶏白湯スープに煮干しを合わせたものです。

のじじで煮干し中華そばを食べた!

のじじの煮干し中華そば

のじじで煮干し中華そばノーマル 800円を食べました!

のじじの煮干しスープ

スープは丸鶏と豚骨の動物系と、煮干しメインの魚介系出汁をそれぞれ抽出し、提供される直前にあわせられています。

非常バランスのとれたWスープです。

のじじの麺

麺はストレート細麺です。

水分量が少ない低加水麺で、歯切れが良い食感です。

のじじのチャーシュー

チャーシューは、外側が軽く炙ってありますが中はしっとりとしています。

のじじのメンマ

サイコロ状に切られたメンマ は、サクサクとした歯触りです。

のじじの口コミは

のじじはTwitter上でも人気です。

https://twitter.com/tomoyotuba/status/1119505976887918592?s=21

煮干し中華そばのじじ基本情報

 

住所宇都宮市インターパーク1-5-1
TEL028-612-8567
営業時間通常 11:30~14:30、18:00~20:00
土曜日 11:00~14:30、18:00~20:00
日曜日 11:00~16:00(売り切れ次第終了)
祝日 11:00~14:30、18:00~20:00
定休日月曜日、第1火曜日
タイトルとURLをコピーしました