宇都宮LRTの大疑問!路線図は?着工や開業はいつ?どこより詳しく説明します!

くらし

宇都宮が進めるLRTって何だ?

LRTは宇都宮市が導入を進めている次世代の路面電車です。

ルートについては、JR宇都宮駅東を出発し、ベルモール前を経由し、清原工業団を抜け芳賀町のホンダまでをつなぎます。

LRTの着工と開業はいつ?

2018年3月に工事着工し、5年後の2023年3月の開業を目指しています。

そもそもLRTってなに?

LRTは「ライト(軽量な )レール(線路の)トランジット(公共交通)」の略です。

この場合のライトは「重さ」ではなく「輸送力」のことです。一度にどれくらいの人数を輸送できるかを表し、一般の電車や地下鉄より小さな(ライトな)輸送力です。

また、ライトには「低コスト」「気軽に乗り降り(バリアフリー)」「低公害」の意味もあります。

具体的には

  • 電車の床が低く平らで、ホームとの乗り降りが楽チン
  • 道路上を走るので、バスや自動車、自転車との乗り換えがしやすい
  • LRT車両は静か・振動が少ない
  • 専用のレーンを走るので渋滞とは無縁

という特徴を持つ次世代の路面電車です。

LRTのルートは?

2022年までにJR宇都宮駅東から芳賀町あるホンダまでをつなぐ18kmが開通予定です。

なお、JR駅西口から足銀本店のある桜通り十文字までも計画にあります。駅西口はいつ・どのように開通するかは全くの未定です。

LRT開通後の動画はこちら

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

LRTの駅はどんな感じ?

LRTの駅は交差点先、横断歩道の中央部に出来ます。歩行者がLRTを利用しやすく、バリアフリーにも優れています。

トランジットセンターってなに?

トランジットセンターとは、他の交通機関(自動車、バス、タクシー、自動車など)との乗換え行う施設です。

駐車場・駐輪場の設置や、バス停の前にLRTの乗車口があるなど他の交通との連携が宇都宮市のLRTの特徴です。

LRTの路線図は?駅はどこに出来るの?

宇都宮駅東口から新4号までの計画路線図

1. 宇都宮駅東口(トランジットセンター)

宇都宮駅東口はトランジットセンターとして計画されているほか、現在はみんみん、健太餃子、駐車場となっている部分の再開発が予定されています。

2.東宿郷

LRT東宿郷

docomoショップがある「東宿郷交差点」に駅が出来ます。

3.駅東公園前

栃木銀行宇都宮東支店やローソンのある交差点です。

4.峰

センチュリー21がある、駅東からの鬼怒通りと柳田街道の交差点

5.陽東3丁目

太陽のパスタがある交差点

6.宇都宮大学陽東キャンパス(トランジットセンター)

バスや自転車との連携が可能です。

7.平石

国道新4号の手間には自家用車の駐車場を備えたトランジットセンターとLRTの車両基地が出来ます。

新4号からテクノポリスまでの計画路線図

新4号から作新大学まではLRT専用の路線を走ります。

8.平石中央小学校前

平石中央小学校北側

9.飛山城跡

鬼怒川にLRT専用の橋が出来ます

10.清稜高校前

宇都宮清陵高校と作新学院との交差点

11.清原地区市民センター前(トランジットセンター)

駐車場が備わったトランジットセンターです。

12.グリーンスタジアム前

テクノポリスから本田技術研究所北門までの路線図

13.ゆい杜西

テクノポリス内には新たにゆいの杜小学校が開校します。

14.ゆいの杜中央

15.ゆいの杜東

16.芳賀台

17.芳賀町工業団地地区管理センター前(トランジットセンター)

18.かしの森公園前

19.芳賀・高根沢工業団地

ホンダ前で終点です。お疲れ様でした。

宇都宮市の目指す未来の交通とは?

トランジットセンターなど、LRTは他の交通期間との連携を重視されています。

魚の骨のように、LRTが大きな背骨となり、地域内はバスやタクシーでつなぐまちづくりを目指しています。

さらに詳しくLRTを知りたい場合はベルモールで宇都宮市による情報発信を行なっています。

関連記事 LRTがある未来を先取り!ベルモールの「交通未来都市うつのみやオープンスクエア」に行ってきた。

「宇都宮くらし」では、これからもLRTの情報をドンドン取り上げていきます!

タイトルとURLをコピーしました