《新型コロナ》差別や偏見と戦う患者さんや軽症者受入施設、医療従事者を応援しよう!メッセージ受付中!

くらし

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスによって、私たちの生活にも大きな影響がでています。

また、感染の恐れからくる差別と偏見も広がりをみせています。

栃木県宇都宮市では、新型コロナウイルス感染の軽症者を受入している『ホテル丸治』でぼやがあり、放火の可能性もあるという報道がありました。

軽症者受入施設で働く方々は、家族に感染させないよう、会社に泊まり込みで業務に従事しています。

患者、医療従事者、軽症者受入施設など、新型コロナウイルスと戦う全ての方々は応援すべき対象であり、憎悪の対象では決してありません。

そこで、新型コロナウイルスと戦う方に応援のメッセージをお送りしたいと思います。

メッセージがなくても、想いに賛同しているという署名のみでも有り難いです。

いただいたメッセージは、軽症者受入をしているホテル丸治さんにお渡しいたします。

  • いただいた内容は他の目的には流用いたしません。
  • Google社のシステムを使用し、個人情報の保護に努めています。

多くの方のご賛同お願いいたします。

▽以下のフォームにご記入お願いいたします。

発起人
宇都宮くらし
松澤 章

また、活動に賛同いただける方、「こんなアイデアで新型コロナと戦う方を応援したい」という方があればお問い合わせフォームからご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました