居酒屋「庄助」 孤独のグルメのロケ地!宇都宮居酒屋の名店

居酒屋庄助外観居酒屋

宇都宮に名店は多くありますが、満場一致でおススメするのが宇都宮市塙田の居酒屋「庄助」です。

開店は昭和25年(1950年)ですので創業70年以上⁉︎宇都宮で最も歴史ある居酒屋の一つです。

庄助の名は宇都宮外でも有名で、吉田類氏を始め多くの酒好きが庄助を紹介しています。

孤独のグルメに登場!吉田類も絶賛

庄助は、2021年9月10日(金)深夜0時17分放送の「孤独のグルメ Season9 10話」のロケ地として登場し、主人公の五郎は人気メニューのもつ煮込みとハムカツを美味しそうに食しています。

ちなみに主演の松重豊さんは、宇都宮に唯一の支店がある町中華「珉亭(みんてい)」の下北沢のお店でアルバイトしていたそうです。

他にも酒場詩人・吉田類さんの人気番組「吉田類の酒場放浪記」や、

居酒屋探訪家の太田和彦さんが「日本百名居酒屋」、「居酒屋おくのほそ道」で庄助を絶賛。

また、俳優の新井浩文さんも『美しき酒呑みたち』で庄助を訪れています。

庄助の場所は?

庄助は栃木県庁よりほど近く、県庁前通りと百目鬼通りの間に挟まれた路地にあります。


庄助の住所:栃木県宇都宮市塙田2−2−3

庄助の店内は

店内は、座敷のほかカウンターもあり、1人でもグループでも楽しめるお店です。

いつも宇都宮の酒好きや出張客で混み合っています。

庄助のメニューは?

庄助のメニュー店内に1つのみで、手書きの黒板に書かれています。

手元にメニュー表は無いので、黒板をスマホのカメラで写しておくと便利です。

値段は書いていません。ちょっと怖いですが、3人でさんざんのんで1人5000円程でした。

注文は紙に書いてオーダーしますが、注文用紙は宇都宮競輪のマークカードをリサイクルして使用しているのもユニークです。

庄助の名物メニュー  きのこ鍋

お店の方におススメを聞いたところ、「きのこ鍋」が始まったとのこと。

鶏肉にたくさんの種類のきのこ、白菜と豆腐が入った鍋です。

これが美味しい!

きのこの出汁が出まくっています。

鍋を温めるのは、よくある固形燃料ではなく「炭」

長い時間でもじんわりと鍋を温めてくれます。

庄助の名物メニュー  柚子味噌

カウンターの上にぶら下がっているのは庄助名物の柚子味噌です。

ゆず味噌は、柚子を丸ごとくり抜き、中に味噌を詰めて寒風干しをして作ります。

今年は仕込んだばかりで、食べれるのはクリスマスからだそうです

庄助のハムカツ

孤独グルメで主人公の五郎がたべたハムカツも美味です。

庄助は予約が必須!

宇都宮の居酒屋庄助はお客様も多く、訪れても座れない場合があります。

電話で予約が可能ですので、是非予約をおススメします。

庄助の連絡先

庄助が名店と呼ばれるゆえんは?

 

庄助の餃子

庄助を訪れた方は「良いお店」だと口を揃えます。

仕込みから丁寧に手作りされた料理に気持ちのよい接客。

お値段も決して高くなることはありません。

宇都宮居酒屋の名店「庄助」全てに心のこもったお店です。

居酒屋 庄助

住所 宇都宮市塙田2−2−3

庄助の食べログ

タイトルとURLをコピーしました