【混雑回避情報あり】宇都宮二荒山神社の初詣を地元民が完全レポート!




新年といえば初詣!

宇都宮市内には多気山や羽黒山など初詣スポットはありますが、中でも市内最大の参拝者が訪れるのが「宇都宮二荒山神社」です。

「二荒山神社は混雑するからちょっと…」と二の足を踏んでいる方の為に、二荒山神社の麓で暮らす筆者が、混雑回避ルートも含めて二荒山神社の初詣を完全レポートいたします!

宇都宮二荒山神社とは?

宇都宮市中心部にある二荒山(ふたあらやま)神社は、豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)を祭神としています

豊城入彦命は天皇の命で、古代毛野国(現在の栃木県と群馬県)の基礎を作りました。

二荒山神社の歴史について詳しくは

関連記事 おたりや?冬渡祭?春渡祭?宇都宮二荒山神社の夜祭り「おたりや」を見に行った! をご覧下さい

そもそも初詣って何?

お正月の恒例行事といえば初詣ですね。

初詣の風習はけっこう新しく、明治時代に始まったとされています。

それより昔は「年籠り」という神道の風習が行われていました。

「年籠り」は、一家の家長である氏子が、大晦日から元旦にかけて神社にこもるという儀式です。

それが、大晦日の「除夜詣」と元旦の「元旦詣」の2つに分かれ、「元旦詣」が「初詣」になったと言われています。

なお、初詣は神社とお寺のどちらでお参りしても良いとされています。

二荒山神社に初詣へ行ってきた!

元旦の二荒山神社に初詣行ってきました。

結論から言うと、人出は多いですが不快な混雑は無かったです。

二荒山神社の初詣期間中の駐車場は?

ただし駐車場は混んでいます!

特に二荒山の駐車場に入るまでの道路が混雑しています。

二荒山神社の北側、県庁前通り・塙田トンネル方面は大変混雑します。

大通りから二荒山神社の駐車場に向かう道路の方が空いていますので、大通りから来る事をオススメします。

なお、祈祷をされた方は2時間まで駐車場が無料です。

万が一、二荒山駐車場が満車の場合も考えられますので、お忙ぎの方は付近のコインパーキングを利用しても良いですね。

二荒山神社の混雑状況は?

初詣の時は二荒山神社の境内に参拝客が溢れて混雑しないよう、山門の階段前で順番を待ちます

境内の参拝客がはけたら、次の参拝客が階段を登るようになっています。

大変な人数の初詣客がいましたが、整然とお参りができました。

お年寄りや子供連れでも安心して参拝ができるようになっています。

屋台も二荒山神社初詣のお楽しみ!

鳥居の前には様々な屋台が並んでいます。

屋台を楽しんでいれば、参拝までの待ち時間も気になりません。

二荒山神社の初詣が可能な時間は?ご祈祷はどうするの?

宇都宮二荒山神社は6:00から21:00まで山門が開いおり、その間自由に参拝できます。

ご祈祷は9:00から16:00迄です。

ご祈祷を行う場合は先に二荒山会館で受付を行います

受付時間は8:00から15:50迄です。

9:00より30分毎に祈祷が行われ、最終は16:00となります。

希望の時間が一杯の場合がありますので要注意です。

企業団体の場合は、先に二荒山神社へ連絡することにより祈祷の予約ができます。

絵馬やおみくじ、破魔矢など縁起物は境内に売り場があります。

最後にお屠蘇を頂いて、今年も一年健やかに過ごせますように!

宇都宮二荒山神社

住所:宇都宮市馬場通り1-1-1

電話:028-622-5271

二荒山神社のホームページ

この記事を気に入ったら
いいね!をしよう