生きてる餃子バリス | 地元民こそ食べるべき!ゴロゴロお肉のネオ宇都宮餃子

生きてる餃子バリス餃子

生きてる餃子バリス」は、宇都宮でカフェ等を展開する超人気飲食店グループ「チームバリスタ」さんの餃子店です。

チームバリスタさんは、駅ビルパセオ内のこれまた人気店「餃子といえば芭莉龍」も運営しており、餃子も本格派です。

いままでの宇都宮餃子とは全く異なる「ネオ宇都宮餃子」と言える味で、餃子に食べ慣れた地元民にぜひ食べてもらいたいお店です。

生きてる餃子バリスの場所は

生きてる餃子バリスの場所

生きてる餃子バリスは、栃木県庁から宇都宮市役所をつなぐシンボルロード沿いにあります。

鶏そばヒバリなど、数多くの人気店が並ぶエリアです。

生きてる餃子バリスの住所:栃木県宇都宮市池上町1-11

お店には専用駐車場はありませんが、付近にはたくさんのコインパーキングがあるので不便はありません。

生きてる餃子バリスの店内は

生きてる餃子バリスの店内

店内は宇都宮の餃子屋さんらしく、カウンターが並びます。

生きてる餃子バリスのメニューは

生きてる餃子バリスのメニュー

バリスのメニューは

餃子

  • 焼き餃子 480円
  • 麻辣餃子 580円
  • パクチー餃子 580円
  • 水餃子 480円
  • 海老水餃子 580円
  • ホタテ水餃子 580円
  • パクチー水餃子 580円
  • ご飯とスープ 250円

フォー

  • 牛だしのフォー 700円
  • 麻辣フォー 800円
  • ハーフフォー 350円
  • ハーフ麻辣フォー 400円

生きてる餃子バリスのドリンクメニュー

生きてる餃子バリスのドリンク

ドリンクやおつまみも豊富で、餃子居酒屋としても楽しめます。

生きてる餃子バリスの餃子を食べた

バリスの餃子

生きている餃子バリスで焼餃子480円をいただきます。

一つづつ丁寧に手包みされた餃子は、ぽっちゃりと丸い焼き上がりです。

バリスの餃子の餡

厚めの皮は極上のモチモチ食感。

餡には、大きめに手切りされたブランド豚「ヤシオポーク」を使用して、まるでステーキのように肉肉しいです。一口かじると肉汁が溢れ出します。

にんにくを使用していないので、においも気になりません。

バリスのパクチー餃子

パクチー餃子580円は、さっぱりとして何個でも食べることができそう。

バリスの水餃子

水餃子480円は茹でて湯切りをした中国風です。

水餃子

そのままでも美味しいですが、バリスには餃子にあう様々な調味料が準備されています。

バリスの味変

卓上には通常の酢醤油のほか、

  • くるみカレー
  • 香味にんにく
  • ゆず酢
  • 黒酢
  • シラチャー(スイートチリソース)

と、味変アイテム勢ぞろいです。

バリスのフォー

ハーフフォー350円は本格牛だしで旨味たっぷりです。

生きてる餃子バリスはテイクアウトや通販もやっている

バリスの通販

生きてる餃子バリスの手作り餃子は、お持ち帰りや通販でも味わうことが可能です。

バリスの通販ページはこちら

生きてる餃子バリスの営業時間、定休日

住所栃木県宇都宮市池上町1−11
TEL028-678-8880
営業時間平日17:00~24:00 (L.O23:30)
土日祝日11:30〜24:00 (L.O23:30)
定休日年末年始

生きてる餃子バリスのInstagram

タイトルとURLをコピーしました